mojo mama minko

Guitar&Vocal・・I love blues&old swing♪
MENU

初めての測定

今日は市議会議員さん、大学の先生のご協力のもと、PSPK(ピース&スマイルプロジェクトかわさき・線量を測る団体ではありません)
と生活クラブ生協利用の方等数名(全部で20人ほど)で、川崎市高津区周辺を2キロ区間ほど歩いて放射線量を測って歩きました。

私は初めてガイガーカウンターをお借りして自分でも測定しましたが、よく言われる側溝(どぶさらいの汚泥注意)、雨どいの下、公園木のベンチ、河川敷等が
線量が高かったです。最高0.5μs/h(側溝汚泥たまり上)という場所も。
小さなお子さんは地面に近い低い位置で遊ぶので注意だと思います。

川崎市では今までに数箇所ミニホットスポットが見つかっています。
http://www.city.kawasaki.jp/press/info20110818_15/item9424.pdf

http://www.city.kawasaki.jp/press/info20110825_11/item9463.pdf(川崎市HPより)

自分の目で見て測ると現実味が湧きます。ガイガーカウンターはシンチ式等含む5台でほどで測りました。
側溝の汚泥に関しては明日、市の公園課の方が何らかの対策に来るそうです。
狭い区間、本日数時間探索でミニホットスポットが4箇所ほど。
空間線量も気にはなるけれど今となっては内部被爆の方が気になっているので
今日は、思い切って測定後子供達の通う学校の校長先生にお話に行ってきました。

1つは牛乳に関して。
先週(9月頭)私がメグミルクに電話で問い合わせたところ、神奈川産となっている牛乳は関東ミックスで頻繁に配合量が変わること。(各場所の生産量の変化にともなう)
国の飲み物の(暫定)基準値200ベクレルを下回る場合不検出とし、
その内訳(ベクレル)を公表するつもりはない。との答えでした。
4月頭から給食の牛乳は飲ませていません。(給食費はちゃんとお支払いしています)
父兄の意識にも個人差があるでしょうから、周りの不安を煽らないためにも、うちはアレルギーを
理由にしています。(実際アレルギー喘息)
子供にも放射能の事は周りに話させないようにしていますが、身を守るべく注意するべき事は話しています。
暑さ対策のため水筒持参可だったのですが例年はプール終了とともに水筒不可になるので
このまま引き続き持参を許して欲しいという事。

2つ目は川崎市HPにて給食の検査結果を発表しているが単品をたまにしか測っていない。
一食全部をミキサーにかける等して、もう少し細やかに、頻度も上げて検査して欲しいという事を
校長先生が発言できる場があるのなら市や教育委員会に、上げて欲しい。という事を伝えました。
(それが市から県、国へと伝わりますように。そして福島の子供達も守られますようにという思いもこめて)

1は今まではプール終了とともに水筒持参は許されませんでしたが、「ご自由に」との答え。
2は中々体制が整わないが話す機会があれば話すようにしてみる。父兄の不安をとり除く事が
第一との答えをいただきました。

校長先生が、学校全体を周って危ない場所がないか確認してくださっていたり、
植物や5年生の米作りの腐葉土の生産時期、産地をしらべてくださったりと
とても気持ちを理解してくださりと、思い切って話してみてよかったです。
私も文科省の対応にいささか不信感がつのり疑心暗鬼になっていたところもありました。
実際会って対話する事の大切さを感じました。

ちょっと驚いたのが、その集まりで思いがけず同じ学校のママさん2名に遭遇。
やはり声は出さずとも気にかけてる人はいるのですね。

お月様のきれいな今日、思い切って意思表示した事が何か良い方向へ向かいますように♪
川崎もだけどなにより福島周辺の子供達が食べる給食は0ベクレル目指して欲しい!!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://minko0930.blog15.fc2.com/tb.php/894-5e947323